歯列矯正

ORTHODONTICS

About

マウスピース矯正とは

透明に近いマウスピースを歯に装着して歯を動かし、歯並びを矯正する治療方法です。取り外し可能なため、歯磨きがしやすく、むし歯や歯周病のリスクが少ないのが特徴です。

一人ひとりの歯に合わせて作製されるマウスピースを装着し、ひとつのマウスピースに歯並びが合ってきたら、次の新しいマウスピースを装着します。こうして、いくつものマウスピースを交換しながら徐々に歯を動かして、歯並びを矯正する方法です。

ただし、食事や歯磨きの時間を除く一日20時間以上装着しなければならないので、根気が必要です。また、歯を動かす量が決まっているのでワイヤーで行う矯正よりは痛みが少なくて済みます。

マウスピースでの矯正は、ブラケットを付けた矯正治療後に少し後戻りしてしまったもの、再度ブラケットを付けるのに抵抗があるといった場合の再治療にも用いられることがあります。また、マウスピース矯正は金属を使用しないので、ワイヤーを使う矯正治療と違い、金属アレルギーの心配がありません。

Trandclear system

トランスクリア矯正

トランスクリア矯正とは?

トランスクリア矯正はマウスピース型の矯正装置です。患者様ごとにカスタムメイドのマウスピースを作製し、一定期間ごとにマウスピースを取り替えることで少しずつ歯を動かします。

治療の注意点

トランスクリア矯正は、永久歯列であること、非抜歯であることが条件となります。また、前歯の治療に限定されるため、治療が難しい症例もございます。最低でも1日20時間以上、なるべく長い時間装着して下さい。ただし、食事のときはマウスピースを外して下さい。

治療期間は症例にもよりますが、おおよその治療期間は「前歯の治療」の場合は、半年から1年程度が多いです。詳しくは歯科医師にご相談下さい。

治療の流れ

01

カウンセリング

02

精密検査、治療計画ご説明

03

歯型取り

04

マウスピース作製

05

矯正治療開始

治療のメリット / デメリット

メリット

  • 透明なので装着していることが分かりづらく、目立ちません。
  • 取り外しができるため、歯磨きで口腔内を清潔に保つことが可能となり、衛生的です。
  • 3Dデータで設計するため、立体的に治療目標を確認できます。
  • 金属アレルギーの心配はありません。
  • ブラケットでの治療に比べ、楽器の演奏やスポーツに影響がありません。
  • ワイヤー矯正と比べて痛みが少ないといわれています。また、針金の端が当たることもありません。
  • 透明なので装着していることが分かりづらく、目立ちません。
  • 取り外しができるため、歯磨きで口腔内を清潔に保つことが可能となり、衛生的です。
  • 3Dデータで設計するため、立体的に治療目標を確認できます。
  • 金属アレルギーの心配はありません。
  • ブラケットでの治療に比べ、楽器の演奏やスポーツに影響がありません。
  • ワイヤー矯正と比べて痛みが少ないといわれています。また、針金の端が当たることもありません。

デメリット

  • トランスクリア矯正で治療が難しい症例もあります。
  • 食事以外はつけておかないと計画どおりに歯が動かない可能性があります。
  • マウスピース矯正は歯と歯の間を少しだけ削る場合があります。
  • 歯ぎしりをする人はマウスピースが割れることがあります。
  • トランスクリア矯正は前歯の治療に限定されるため、治療が難しい症例もあります。基本6前歯が対象であるため、全体の矯正や、歯を抜かないと出来ない矯正では治療出来ません。
  • 食事以外はつけておかないと計画どおりに歯が動かない可能性があります。
  • マウスピース矯正は歯と歯の間を少しだけ削る場合があります。
  • 歯ぎしりをする人はマウスピースが割れることがあります。

Minor Tooth Movement

MTM(部分矯正)

MTM矯正とは?

MTMとは、Minor Tooth Movementの頭文字をとった部分矯正のことです。

一般的な歯列矯正は、顎全体を対象として歯並びや咬みあわせを治療することが一般的です。MTM矯正は、セラミック治療の術前矯正としても使用することがあります。

MTMとは、Minor Tooth Movementの頭文字をとった部分矯正のことです。

一般的な歯列矯正は、顎全体を対象として歯並びや咬みあわせを治療することが一般的です。MTM矯正の場合は、1本だけ出ている歯や捻じれている歯など気になる箇所を「部分的」に歯列矯正を行うことが可能です。

歯の裏側に透明な金属不使用の矯正ゴムをつけて歯と歯を引き寄せ、空隙歯列を埋める部分矯正治療です。セラミック治療の術前矯正としても使用することがあります。

こんな方にオススメ!

  • 歯と歯の間に隙間がある方
  • 歯が1~2本だけねじれている方
  • 歯列から飛び出た歯が1~2本だけある方
  • 被せ物治療のために歯を動かすことを勧められた方

治療のメリット / デメリット

メリット

  • 気になる箇所を効果的に治療できる
  • 歯の移動による痛みが少ない
  • 歯の切削の必要がない
  • 全顎の歯列矯正に比べて治療期間が短く安価にすむ
  • 気になる箇所を効果的に治療できる
  • 歯の移動による痛みが少ない
  • 歯の切削の必要がない

デメリット

  • 治療対象となる歯並びが限られる
  • 重度に悪い歯並びには適応できない
  • 治療対象となる歯並びが限られる
  • 重度に悪い歯並びには適応できない
  • 咬み合わせの修正は全顎矯正に劣る
  • 歯と歯のコンタクトを薄く削る場合がある
歯並びでお悩みの方は是非一度ご相談下さい

MTMは、主に前歯のすきっ歯(正中離開)に用いられることが多い治療法です。治療期間が短く、安価にできる代わりに、適用できる症例が限られているのが特徴です。歯の状態を診断した上で、全顎矯正にするか部分矯正で対応できるか判断致します。

Price

料金

歯列矯正税込
トランスクリア矯正相談料2,200円
3Dシミュレーション44,000円

マウスピース(3ステップ)

132,000円
+1ステップ毎に33,000円
保定用リテーナー(4枚)44,000円
MTM(部分矯正)1~3歯30,000円
4歯以上77,000円