ホワイトニング

WHITENING

About

ホワイトニングとは

歯を削ることなく、輝く白い歯がよみがえる医療機関でしかできない治療法です。

加齢や遺伝、食生活などによって変色した歯を漂白剤で脱色して白くする方法です。特にコーヒーやタバコを好んで嗜む人は歯の変色がみられる傾向にあり、ホワイトニングされる方も増えています。

マスク生活の多い今こそ、ホワイトニングで見た目を整えて周りとの差をつけてみてはいかがでしょうか。

Super Poririn Whitening

スーパーポリリンホワイトニング

当院では「スーパーポリリンホワイトニング」を使用しています

スーパーオフィスホワイトニングは、ポリリン酸Naを使ったホワイトニングです。ポリリン酸Naは食品添加物としても認められている成分ですので、その安全性も保証されています。

施術の際、歯の汚れを落としながらポリリン酸Naを使ってコーティングするため、痛みもなく、着色しにくく、透明感が残ります。また、ステイン(茶シブやたばこのヤニ)や歯石の再付着も防止します。

Case introduction

症例紹介

※ 写真中央の三角マークをスライドすると、術前術後をご確認できます。

30代女性

主訴

結婚式前に歯を白くしたい

治療ポリリン酸ホワイトニング
費用33,000円
期間1カ月
付記後戻りのリスクある為、半年に一度程度のホワイトニングをおすすめします。

30代女性

主訴

白くしたい

治療ポリリン酸ホワイトニング
費用11,000円
期間1回
付記当クリニックスタッフの症例です。

スーパーポリリンホワイトニングの特徴

  • 痛みが少なく知覚過敏になりにくい
  • 従来のホワイトニングより白くなる
  • 着色戻り率が低い
  • 着色しにくく透明感が残る
  • 歯の表面と内部両方をコーディング(エナメル質の表面を守れる)
  • 傷つけない
  • 歯質を強化できる

スーパーポリリンホワイトニングシステムはここが違います!

だいたい半年~1年くらい持続します。但し、生活習慣によって(飲食物や喫煙等)個人差があるので、3ヵ月に一度くらいの再ホワイトニングをお勧めしています。

分割ポリリン酸®は、歯の汚れを落とす・汚れがつかないようにする、白さを増す・口腔内を清潔にして口腔環境を整える、という要素を備えた新たなホワイトニング成分です。

食事制限なく、ホワイトニング直後から色の濃いものもご飲食いただけます。

01
汚れを落とす
ステインを除去する

短鎖分割ポリリン酸®(約7~15個のリン酸が結合した分子)には、歯の表面に付着した汚れ(ステイン)を効率的に除去する働きがあります。 短鎖分割ポリリン酸®は歯の表面のアパタイトと結合しやすい構造をしており、汚れよりも歯に結合する力が強いので、歯の表面を削ることなく自然に汚れを落とします。

つまり歯の表面にたいへん相性のよい物質であるのが大きな特徴です。

02
汚れをつかないようにする
コーティングする

短鎖分割ポリリン酸®は、歯の表面のアパタイトに結合して、数時間はそのまま歯の表面に結合し続けます。したがって、短鎖分割ポリリン酸®が表面をコーティングすることになり、汚れが付きにくくなります。

短鎖分割ポリリン酸®を配合した歯磨き剤で歯を磨くと、歯の表面がつるつるになる感触が得られ、少し光沢が出ます。これは、短鎖分割ポリリン酸®のコーティングによるものと考えられます。

03
白さを増す
ホワイトニングする

短鎖分割ポリリン酸®は、漂白効果を高める力も実証されています。歯科医院のホワイトニングで一般的に使われている過酸化水素(もしくは過酸化尿素)に短鎖分割ポリリン酸®を組み合わせることで、ホワイトニング効果が向上します。

したがって、通常よりうすい濃度の過酸化水素を使用しても、効果の高いホワイトニング行うことが可能です。歯にやさしいホワイトニングと言えるでしょう。

施術の流れ

01

歯の表面をクリーニング

02

ホワイトニング専用ジェルを歯に塗布

03

ジェルを塗り終えたら専用ライトで9分間照射

照射時間:9分×3回

02

歯肉に薬液が流れないよう保護剤を塗布

注意点

  • 効果には個人差がありますので、ご希望の白さになるまでは、通常は2回、多い人で3~5回ほどのホワイトニング処置が必要です。
  • 従来に比べ、ほとんどシミの出にくい処置ですが、ごくまれに処置当日に軽いシミや痛みが出る場合があります。
  • また、すでに入っている人工物はホワイトニングにより白くはなりません。
  • ホワイトニング効果は一生ではありません。
  • ホワイトニング効果は個人差が大きいです。
  • 歯の状態によっては、ホワイトニング剤によって「歯がしみる」などの知覚過敏の症状が出る場合があります。
    フッ素の塗布など、通常の知覚過敏に対して行われる処置を実施することで、症状を改善することも可能です。
  • 知覚過敏・虫歯・歯周病の方や、神経に影響が及んでしまっている方は、ホワイトニングができない場合もあります。
  • 効果には個人差がありますので、ご希望の白さになるまでは、通常は2回、多い人で3~5回ほどのホワイトニング処置が必要です。
  • 従来に比べ、ほとんどシミの出にくい処置ですが、ごくまれに処置当日に軽いシミや痛みが出る場合があります。
  • また、すでに入っている人工物はホワイトニングにより白くはなりません。
  • ホワイトニング効果は一生ではありません。
  • ホワイトニング効果は個人差が大きいです。
  • 歯の状態によっては、ホワイトニング剤によって「歯がしみる」などの知覚過敏の症状が出る場合があります。
    フッ素の塗布など、通常の知覚過敏に対して行われる処置を実施することで、症状を改善することも可能です。
  • ホワイトニング施術後は、色素が着色しやすく不安定な状態になっているので、色味の強い食べ物や飲み物を避ける必要があります。飲食物以外にも、口紅やうがい薬など医薬品にも注意が必要です。
  • 知覚過敏・虫歯・歯周病の方や、神経に影響が及んでしまっている方は、ホワイトニングができない場合もあります。

料金

スーパーポリリンホワイトニング税込
1回コース11,000円
5回コース44,000円